Home / NIPPONの旅 / 神奈川にもっともっと来て欲しい!地元だから教えられる、神奈川県の穴場観光スポット3選

神奈川にもっともっと来て欲しい!地元だから教えられる、神奈川県の穴場観光スポット3選

神奈川県には、鎌倉の寺社仏閣など、全国的に知られる観光スポットがあります。しかしそれ以外にも、あまり知られていない魅力的観光地がたくさんあります。今回は、地元っ子に知られる穴場観光スポットの中から、「日本民家園」、「山の手西洋館」、「ポーラ美術館」の3つをご紹介します。

1.日本民家園

まず、川崎にある日本民家園です。ここには、日本の様々な古民家がそのまま保存されています。殆どの建物に入ることができ、建物の中には、石臼や鍬など、実際に使われていた道具が配置されています。時にはそういった道具を使うワークショップが開催されることも。
昔の暮らしを垣間見ることができるスポットとして知られ、校外学習の場としても使われています。家族でのお出かけや、自由研究の題材としても最適です。

2.山の手西洋館

次に、横浜の山の手西洋館です。横浜市の山の手エリアには、大正~昭和時代に建てられた西洋建築が集中しています。外交官や貿易商の邸宅として建てられた洋館には、他にはない雰囲気があり、付近を散策するだけでも外国に来たかのような気分を味わえます。
さらに、「エリスマン邸」、や「ベーリックホール」などは、館内の見学も無料。さらにはコンサートやガイドツアーなどのイベントが開催されることもあります。周辺にはカフェなども多く、デートコースにもおすすめです。近隣の有名どころである赤レンガ倉庫やみなとみらいなどと合せて回っても良いかもしれませんね。

3.ポーラ美術館

最後に、箱根のポーラ美術館です。ポーラ美術館自体はかなり有名ですが、そこに付属する「森の遊歩道」はあまり知られていません。
遊歩道は2013年に公開されたもので、箱根の貴重な自然に触れることができるスポットとなっています。オオルリやアカゲラなど、都会ではなかなか見ることのできない野鳥に会えることも。美術館自体が他の名所からやや離れていることもあり、ちょっとした穴場となっています。
もちろんポーラ美術館そのものも魅力的です。美術館というと薄暗くて重い雰囲気を想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、ここの展示室は、広々として明るく、ソファなども多く配置されています。普段あまり美術館には行かないという方にもおすすめできます。
芸術鑑賞をしたのち、付属のお洒落なカフェで休憩、その後遊歩道を散策、というようなコースで、ここだけでも半日程度楽しむことができます。

いかがでしたでしょうか。ここに挙げた以外にも、神奈川にはあまり知られていない観光スポットは数多くあります。有名どころを見て回るだけで終わらせず、近くにある穴場にも足を伸ばしてみれば、一味違った観光ができるはず!是非足を伸ばしてみてくださいね。

記事トップ画像出典:All About

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …