Home / NIPPONの旅 / 鳥取にきたら是非食べてみて!地元だから教えられる、鳥取県の絶品穴場グルメスポット3選

鳥取にきたら是非食べてみて!地元だから教えられる、鳥取県の絶品穴場グルメスポット3選

鳥取県の名産と言えば有名なのがカニなどの海鮮、梨などが挙げられます。また日本で最も消費量が多いという記録を出したカレーやコーヒーなども有名ですね。そのためガイドブックに掲載されているのも海鮮丼をメインにしたものが多い傾向にありますが、今回はそんな中でも地元の人々が他県の人にもおすすめしたいと思う絶品グルメをご紹介してみようと思います。

1.定食屋「若林」で新鮮な海の幸を

鳥取で大きな港として挙げられる賀露港の近くには市場があり、休日は県外車がにぎわうほどの人気観光スポットです。新鮮な魚介類を買うことができるだけではなく、海鮮丼やお寿司、定食など様々な魚介系料理を楽しむことができます。そんな港に行くまでの道中にひっそりと佇むのが「若林」という定食屋さんです。こちらでも魚介系料理を楽しむことができます。海鮮丼だけではなく煮魚定食や焼き魚定食などもあり、また金額も1000円くらいからあるため非常にリーズナブルです。しかし味は非常に絶品で、刺身も肉厚で食べごたえがあり、連日多くのお客さんでにぎわっています。

2.「ベニ屋」でカレーを

実は、鳥取と言えばカレーというイメージが地元っ子にはあります。その中でもカレーがおいしいお店と言えばベニ屋が有名。「カレー&コーヒー」という看板で地元の人から愛されている喫茶店です。県庁から鳥取駅を結ぶ若桜街道の中に昔からある老舗であり、今でも若い人からお年寄りまで多くの人に愛されています。コクのあるカレーにサクサクのカツが乗ったカツカレーが人気です。見た目はシンプルですが奥深い味が魅力で県外の人にはあまり知られていないため穴場中の穴場です。

3.「香味徳」で牛骨ラーメンを

倉吉市にある香味徳は鳥取の有名グルメ「牛骨ラーメン」が人気のお店です。60年前に誕生した牛骨ラーメンは昔から地元民に愛されており、ガイドブックにも掲載されています。文字通り牛の骨から出汁をとって作るラーメンであることからこってりしたイメージがありますが、食べてみると豚骨よりも少しあっさりした味で、くどくないため年代問わず人気です。見た目はシンプルですが深いコクとあっさりした味で人気を集め、あっという間に一杯を食べきることができます。香味徳は東京にも進出しているお店です。

もちろん、鳥取にはこれら以外にも多くの絶品グルメがありますが、やはり強いのは魚介類。特にカニの時期になれば、その味を堪能するべく全国から多くの観光客で賑わいます。またカキの時期であれば市場内にて生ガキを食べることもできますよ。お店での料理だけではなく、市場ならではの楽しみ方もできますので、是非足を伸ばしてみてくださいね。

記事トップ画像出典:食べログ

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …