Home / NIPPONの旅 / 高知にもっともっと来て欲しい!地元だから教えられる、高知県の穴場観光スポット3選

高知にもっともっと来て欲しい!地元だから教えられる、高知県の穴場観光スポット3選

高知県といえば、歴史好きな方の中では「坂本龍馬!」という方も多いのではないでしょうか。龍馬像をはじめとして、桂浜や現存12天守・高知城、四万十川など自然や歴史にまつわる建造物など、幅広い観光スポットに恵まれた、魅力たっぷりの地です。しかしこれらはガイドブックのはじめの方に載っている、いわば初心者向けのところばかり。ここでは、地元っ子しか知らないような穴場スポット3選をご紹介していきます。

1.竹林寺

四国霊場第31番札所・竹林寺は五台山の上にあり、高知市街地と浦戸湾を一望できる絶景スポットにあります。江戸時代には、学僧たちが集い、学問寺として土佐文化の中心地となっていました。柿葺きの本堂に祀られている「文殊菩薩」は切戸の文殊、安倍の文殊と並んで「日本三文殊」の1つに数えられます。竹林寺の庭園は、夢窓疎石が造園したと伝えられる池泉鑑賞式の庭で、実に見事な風景を描き出し国の名勝に指定されており、春には満開の桜が、秋には真っ赤な紅葉を見ることができる穴場スポットです。市街地内にある名所・はりまや橋からはバスで20分とアクセスしやすいため、ぜひ市内観光の際に足を伸ばしてみては。

2.佐田の沈下橋

清流・四万十川に架けられた沈下橋、47箇所の中でも有名な橋がこの佐田の沈下橋。古来より存在するこの橋は、増水時に橋が流されないように欄干を作らず、水中に沈むように設計されています。現在でも生活道として利用されており、中村市街地に最も近いため、アクセスしやすいのも魅力のひとつ。周囲の山々や河川敷の美しい風景は見物です。周辺では川エビやウナギ漁などを見ることができる他、春先の菜の花が咲くシーズンは四万十川の風物詩ともなっているほどです。

3.白山洞門

花崗岩の海蝕洞門としては日本一の規模を誇ります。足摺岬の観光駐車場から徒歩でアクセスできるため、足摺岬観光の一環として訪れることをおすすめします。階段は少し険しく、上り下りが激しい階段が連続しているため、歩きやすい靴や軽装で訪れるのがオススメ。息を切らしてようやく辿り着いた先には疲れを癒してくれる絶景が待ち構えていますよ。雄大な岩・自然と同化した風景、気の遠くなるような年月をかけて、自然が作り上げた風景をぜひその目にしましょう。また、海に抜ける穴が、角度によってはハート型に見えるため、そこで記念撮影する方も多いです。高知の雄大な自然を感じたいならおすすめの場所です。

いかがでしたでしょうか?定番スポットと合わせて巡ることのできるコースが多いため、ぜひ高知にお越しの際は足を伸ばして、満喫してみてください!

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …