Home / NIPPONの旅 / 大分にきたら是非食べてみて!地元だから教えられる、大分県の絶品穴場グルメスポット3選

大分にきたら是非食べてみて!地元だから教えられる、大分県の絶品穴場グルメスポット3選

大分県といえば、全国でも有名な温泉地がたくさんあります。湯布院や別府などは、毎年多くの観光客が訪れる観光地。また、湯布院などは盆地のため、雲海やきれいな山並みなどの景色も有名です。そして温泉だけではなく、穴場のグルメスポットもたくさんあります。
今回は、そんな大分の地元っ子たちが愛する穴場グルメをご紹介してみようと思います。

1.だご汁

ひとつ目は郷土料理にもなっている、だご汁と呼ばれるもので、小麦粉を練っただんご状のものが入ったお味噌などでいただく豚汁のようなものです。このだご汁はちょっと寒い秋から冬にかけていただくと特においしく食べることができます。寒い季節に冷えた体を温めるおいしいグルメ。湯布院駅の近くには、このだご汁を定食として出す食堂があり、とてもおいしいですし、色々なおかずにも合うので、おなかいっぱいになります。このように郷土料理を味わえる地元では有名な食堂はおすすめです。

2.かぼす

次に有名なグルメといえば、かぼすです。これは県の特産品としても有名で、道の駅やお土産屋など県内の至る所で見かける食品です。かぼすの魅力はいろいろとアレンジができるところです。例えば、このかぼすを使ったジェラートやアイスクリームが人気で湯布院のお土産屋さんでは、多くの人が試食をしたり、お散歩の休憩中に買ったりして、かぼすのアイスやジェラートを楽しんでいる光景を見ることができます。この絶品のかぼすはお菓子やクッキーにも変身し、地元の子供たちにも愛されていますが、甘酸っぱい香りがとてもおいしいです。また、別府などの宿に行くと、菓子受けとして、このかぼすのせんべいなどが準備されているところがあり、観光客に喜ばれています。

3.とり天

最後に、大分といえば、とり天と呼ばれる鶏肉の天ぷらが非常に有名です。別府界隈に入ると、このとり天の看板やのぼりを至る所で見かけます。天ぷらですが、あっさりとした鶏肉のため、胃にも優しく、おいしいのでたくさん食べてしまうグルメな一品です。特に、とり天とだご汁がセットになった定食はとてもおいしく、地元の人をはじめ、観光客からも非常に人気が高いです。

このように大分県には魅力的なグルメがたくさんあります。温泉地としても有名なので、おいしい食べ物をおなかいっぱい食べながら、温泉も楽しむこともできるのが魅力!また、ツアーなどで予約をして訪れると、専任のガイドによる観光地巡りや穴場のスポットなどをまわることもできますよ。次回のお休みの際には是非リフレッシュしに大分に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

記事トップ画像出典:るるぶ

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …