Home / NIPPONの旅 / 世界遺産「白川郷合掌造り集落」に行く前に必ず知っておきたい5つのポイント

世界遺産「白川郷合掌造り集落」に行く前に必ず知っておきたい5つのポイント

岐阜県に存在する白川郷は、合掌造り集落が1995年に世界遺産として登録された集落です。この場所には近年、日本人観光客だけではなく、口コミやアニメなどの影響で外国人観光客の姿もよく見かけるようになりました。ここでは、白川郷に行く前に絶対に知っておきたいポイントを5つ紹介します。

1:一つ一つの家の特徴を知る

合掌造りの家は基本的に民家なので住民が生活をしており、中の様子が見られない家も多いのですが、中には観光客のために中を開放してくれているところもあるので、ぜひ立ち寄って見せてもらいましょう。一口に合掌造りといっても、一軒一軒建てられた時期や構造は異なります。そのため、複数軒見て回るのをオススメします。その際は、最低限のマナーを守り、他人の家にあがらせてもらっているという気持ちで拝見するようにしましょう。

2:訪れる時期を考えよう

白川郷は、季節によってその表情をコロコロ変える場所です。春・夏・秋も日本人であったら誰しも感動するような日本の原風景という感じでもちろん美しいのですが、冬の景色は格別です。雪のかぶった合掌造りの屋根と白銀の世界のコントラストは、忙しい日常を忘れさせてくれます。また、冬の夜間はライトアップをしていることもあるので、その時間帯がオススメです。もちろん他の季節でも十分に楽しめるので、四季折々に訪れてみるのも良いでしょう。

3:伝統文化を体験しよう

白川郷には代々伝わる伝統工芸があり、それを体験できる施設があります。そば打ちや餅つきも体験できますが、せっかくなので普段体験できないわら細工や染物などを体験してみると良いでしょう。細工や染物は1000円以内で体験できるので、子供連れの家族や気軽に参加したいという人にはオススメです。

4:上から眺めてみよう

白川郷には集落を一望できる展望台があります。そこから眺める集落の景色は、下に降りて見て回るときとはまた違った印象を受けるでしょう。絶好の撮影スポットなので、旅の記念に1枚撮ってみてはいかがでしょうか。

5:泊まってみよう

合掌造りの家の中には民宿を営んでいるところもあるので、ぜひ泊まってみましょう。世界遺産に宿泊できるというのは、世界的に見てもそうあるものではありません。昔ながらの木のぬくもりを感じながら、美味しい郷土料理が味わえる滅多にない機会ですので、一生の思い出になること間違いなしです。しかし大変人気があるので、宿泊を希望の際は泊まりたい宿に事前に確認を取り、早めに予約をするようにしましょう。

他にも、白川郷合掌造り集落の魅力は沢山あります。またその魅力は行く時期によっても変わるので、1回とは言わず複数回訪れてみると良いでしょう。その際、訪れる前には事前に交通情報などを調べておくことをオススメします。楽しい旅行にするために、事前の準備もしっかりと!

記事トップ画像出典:wondertrip

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …