Home / NIPPONの旅 / みんなに知ってほしい、地元だから教えられる!青森の私的穴場観光スポット3選

みんなに知ってほしい、地元だから教えられる!青森の私的穴場観光スポット3選

青森はりんごの名産地として、また津軽海峡など全国的にもよく知られている観光スポットが多くあることでも有名です。
一方で、他の都道府県と同じように、青森にも穴場的なスポットが存在し、あまり全国的には知られていないものの魅力的な場所が多数あります。

1.ウミネコが舞う、八戸市蕪島

国指定天然記念物のウミネコ繁殖地として知られている青森県八戸市の蕪島(かぶしま)は、普段あまりお目にかかることができないウミネコを楽しむことができる観光地です。
昭和18年に埋め立て工事がおこなわれてから陸続きとなり、約1.8ヘクタールにおよそ4万羽のウミネコが巣を作りにやってきます。その巣作りは春のはじまりと共に行われるため、ウミネコは春の訪れを告げる鳥と言われています。
ウミネコは2月の下旬あたりから島に来はじめ、4月中旬から5月いっぱいまで巣作りや産卵をおこない、6月から7月にかけて卵から雛が生まれ、8月には島から飛び立ちます。可愛い雛鳥と親鳥のやりとりを観察したい方は7月初旬あたりがベストシーズンです。
ウミネコの生態を間近で見ることができるのは蕪島だけ。5月にはナタネの花が一斉に開花し島を黄色く彩るなど、珍しい鳥類と自然を満喫する最適のスポット・蕪島にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

2.青森県立三沢航空科学館

三沢市にある航空科学館は、青森が日本の航空史に関わってきた歴史を知ることができ、また実物の航空機を目の前で見ることができるため、大人も子供も共に楽しめる科学館です。
その歴史についても、詳しいガイドプレート付きで知ることができ、博物館内にはカフェやちょっとしたお土産店もあるため、三沢空港を使用するときには休憩のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。敷地内には展望エリアも設けられており、利用した三沢空港を別の角度から観察することも可能です。
敷地内の広場には、かつて使用されていた日本の飛行機や、珍しいアメリカ製の戦闘機なども展示されているため、飛行機に興味を持つお子さんにも大人気のスポットです。

3.観爛山

最後に紹介する穴場スポットは、作家の太宰治ゆかりの地、観爛山です。
観爛山は、外ヶ浜町蟹田駅からタクシーで数分の場所にあるため、街並みを楽しみつつ駅から徒歩でも訪れることが可能な観光地です。
以前蟹田台地だった場所に、現在は観爛山公園に記念碑と台地跡を見ることができます。観爛山に建てられている赤い鳥居をくぐった先の景色は、訪れた方々にも大人気の絶景ポイントで、蟹田港と港から続く魅力的で壮大な海の景色を眺めることができます。
この観爛山は、普段から多くの人が訪れている場所ではないため、静かで景色や自然を満喫しながら、ちょっとした登山を楽しみたいという人におすすめのスポットです。

青森のちょっと穴場の観光スポット、今回は数ある中でも地元の方に人気の3つをあげてみました!今回は紹介できませんでしたが、青森にはまだまだ知られざる魅力的な場所がたくさんあります。どうぞ今回ご紹介したスポットを入口に、オリジナルの楽しみ方を発見してみてくださいね。

記事トップ画像出典:Travel.jp

 

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …