Home / NIPPONの旅 / 青森にきたら是非食べてみて!地元だから教えられる、青森の穴場グルメ3選

青森にきたら是非食べてみて!地元だから教えられる、青森の穴場グルメ3選

青森を旅行するなら、お寿司はもちろんあら汁、マグロののっけ丼、とれたてホタテ焼き、刺身などの豊富な海の幸が断然おすすめです。
なめろうやあぶりトロにぎりなどは口に入れたとたんに「おいしい!」と思わず唸ってしまうほどの新鮮な美味しさ!居酒屋さんでも小料理屋さんでも大衆食堂でもどこへ行ってもほぼ外れなく新鮮でおいしい刺身や丼をいただくことができます。
そんな中、海鮮とはひと味違った地元の人が愛してやまないグルメというのもまた美味!他の地域の方が聞いたら「?」と思ってしまうような意外なグルメも沢山。今回は、そんな意外と知られていない青森の隠れグルメをご紹介します。

1.家庭の味の定番、せんべい汁

絶品の家庭料理としてぜひ食べておきたいのがせんべい汁。
ごぼう、にんじん、しいたけ、しめじ、糸こんにゃく、長ネギ、鶏肉と具沢山のせんべい汁。煮干しと鶏肉の出汁に野菜のうまみが溶け込んでいます。せんべいはもちろん南部せんべい!ふにゃふにゃ感とつるっとしたのどごしが魅力です。八戸市六日町みろく横丁にあるサバの駅では油ののった八戸前沖銀サバを使ったせんべい汁をふるまってくれます。サバ料理専門店ならではのサバの身がゴロゴロ入った、出汁のおいしいスープでお酒にもよく合います。

2.青森味噌バター牛乳ラーメン

このインパクトのあるネーミング!いかがでしょう?バターがどんどん溶けだしたスープにカレースパイスと牛乳が濃厚なハーモニーを醸し出し、みそとスパイスの奥深い後味が魅力。たっぷりの野菜とスープにからむちぢれ麺でいただきます。具はチャーシュー、もやし、わかめ、メンマで。裏メニューから看板メニューへと昇格したそのおいしさを理解していただけるはずです。みそもカレーもくせのある調味料ですが、牛乳が入ることによりマイルドな味わいになり、思っている以上に食べやすい一品です。この「青森味噌バター牛乳ラーメン」、地域限定カップラーメンとしても発売されていることもあり、おみやげとしてコンビニやスーパーをチェックしてみるのもおすすめです。

3.十和田バラ焼き

十和田バラ焼きは60年ほど前に生まれた、三沢市が発祥のB級グルメで、「B級グルメ界の大御所」とも呼ばれます。このバラ焼きの特徴は、何と言っても牛ばら肉とたまねぎを包む甘辛いたれ!鉄板焼きで自分で焼くスタイルと、お店の人が焼いてくれるスタイルとあります。

今回はご紹介できませんでしたが、青森には、焼きそばに和風だしをかける「黒石つゆやきそば」、すりおろした生姜をみそだれにして食べる「しょうがみそおでん」など、聞いただけでもなんとも魅力的な地元グルメがたくさんあります。そんな地元グルメの強力な味方と言えるのは地元でタクシー運転手さん!タクシーを利用した時には、ぜひ運転手さんイチ押しの地元絶品グルメを探検してみてはいかがでしょうか。

記事トップ画像出典:旅色

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …