Home / NIPPONの地域情報 / 宮城にきたら是非食べてほしい!地元だから教えられる、宮城の私的絶品穴場グルメスポット3選

宮城にきたら是非食べてほしい!地元だから教えられる、宮城の私的絶品穴場グルメスポット3選

宮城グルメと言えば皆さんは何を思い浮かべるでしょう。おそらく、ほとんどの人が1番に「牛タン」を思い浮かべるのでは?しかし、宮城県が誇るグルメは牛タンだけではありません!ここでは、地元だからこそ知っている宮城県の絶品穴場グルメスポットを3選をご紹介します。

1:とんかつ「かつせい」(仙台)

仙台市出身の人なら誰でも一度は口にしたことがある、あるいはその名前を耳にしたことがある有名なとんかつ屋さんです。ここの魅力は何と言ってもジューシーなロースかつ。はしで簡単に切れるほど柔らかく、ジューシーな肉汁が溢れ出てきます。ここのとんかつ、まずはそのまま何もつけずに食べるのがおすすめ。豚肉の旨さが溢れ出し、十分美味しく頂けるのです!ソースももちろん付いていますが、塩だけでもペロッとたいらげられてしまうほどにあっさりしているのも特徴です。

2:パンセの牡蠣カレーパン(松島)

言わずと知れた宮城の観光地・松島からは、海の幸牡蠣を丸ごと1つ使用したカレーパンをご紹介!「牡蠣とカレーって合うの?」「牡蠣をパンの具として使って大丈夫?」なんてお思いでしょう。しかし、これが驚くほどマッチするのです!牡蠣はしっかりと火を通していますし、牡蠣の生臭さが苦手という人もカレーの風味で気にせず食べることができます。もちろん牡蠣が大好物だと言う人にも、このハーモニーは大満足していただけること間違いなし。こちらのカレーパンは多い時で1日1000個以上も売り上げるときがあるほど大人気なので、売切れないよう早めに行くことをオススメします。松島限定の味なので観光のついでにぜひお立ち寄りください。

3:彦一 ずんだ餅(仙台)

宮城県、特に仙台市に行ったのなずんだ餅を食べずに帰るわけにはいきません。彦一はずんだ餅の他、11種類もある特製あんみつなど様々な甘味を提供しているお店。その中でもずんだ餅はたっぷりとずんだ餡がかけられており、甘すぎないので甘いものが苦手という人もあっという間に完食してしまう美味しさです。またこのお店、かつては料亭だったということもあり、とても雰囲気のある外観と、古き良き日本を感じられる店内。落ち着いた雰囲気で食事を楽しむことができるのも魅力です。どうしてもずんだ餅だけでは食べにくいという人は、あんみつのトッピングとして食べるのもオススメです。

いかがでしたでしょうか。今回は絞りに絞って、私的な3つのスポットをあげさせていただきましたが、これらの他にも宮城県には様々な魅力溢れるグルメが揃っています。歴史観光だけではなく、グルメ観光として訪れても十分に楽しめる場所ですので、観光で、または仕事で訪れた際にはぜひ自分好みのグルメスポットを見つけてみてくださいね。

記事トップ画像出典:パンポータル

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …