Home / NIPPONの旅 / オススメ!春になったら是非訪れたい、全国のお花見スポット5選

オススメ!春になったら是非訪れたい、全国のお花見スポット5選

日本人は桜が大好きです。今回は『オススメ!』ということで、実際に私が訪れたことのあるスポットの中で、是非観てほしいと思うお花見スポットをご紹介したいと思います。

今回は単に桜がきれいというだけではなく、日本らしさも感じられる場所をご紹介したいと思います。

1.弘前城

1つ目のスポットは青森県の『弘前城』。初めて行った時は感動しました。弘前城とソメイヨシノ、手前の赤い橋、遠くに見える岩木山。広場でゆったりとシートを敷いてのんびりお花見を楽しむこともできますし、沢山の出店や昔ながらのお化け屋敷など、懐かしい雰囲気がとても良いです。弘前城はお堀もありますので、お城の外に出て、お堀に舞い散る花びらを眺めるといった楽しみ方も風流です。少し寒いけれど夜桜もオススメ。昼間とは違った雰囲気を楽しめますのでぜひ昼と夜の両方観ていただきたいです。

2.角舘

2つ目は秋田県の『角館』。こちらは武家屋敷沿いに咲くシダレザクラが見事です。日本らしさを求めて来た海外の方には、きっと喜んでいただけるでしょう。「この花は武士の時代からずっと咲き続けているんだな」と思うとなんとも趣があります。また武家屋敷を少し外れた土手にはソメイヨシノが咲き乱れていますので、少し時期がずれてもお花見を楽しむことができます。ただ、こちらも人気のスポットですので、観光バスが来る前、早朝の静かな武家屋敷を散策して日本の風情を感じていただきたいです。

3.雪村庵

3つ目は福島県郡山市の『雪村庵』。雪村は室町時代の画僧なのですが、彼が晩年を過ごしたとされる場所です。お花見としてはそれほど有名な場所ではありませんが、雪村庵と竹林とシダレザクラのコラボレーションがなんとも日本らしく、ここの趣を感じられれば日本通と言って良いでしょう。

4.千鳥ヶ淵

4つ目は東京都千代田区の『千鳥ヶ淵』です。都内ですが遊歩道を歩きながらゆっくりとお花見ができますし、皇居のお堀から『靖国神社』、『外濠公園』、『北の丸公園』、『千鳥ヶ淵公園』など色々なお花見スポットに歩いていくこともできます。こちらも夜はライトアップをしています。お堀に浮かび上がるソメイヨシノの幻想的な雰囲気をボートに乗りながら楽しむのも良いですよ。春に都内を散策するのであれば是非訪れてほしい場所のひとつです。

5.吉野山

最後、5つ目のスポットは奈良県の『吉野山』です。吉野山は京都や奈良の神社仏閣を訪れた際に少し足を延ばして観るにはちょうど良い距離。ここにはシロヤマザクラを中心に約200種類、3万本もの木が密集しています。そして、一目に千本見える豪華さから「一目千本」とも言われています。下千本・中千本・上千本・奥千本と四か所に分かれているので、四月上旬から下旬にかけて山の下から上に向かって順番に開花し、長く楽しむことができます。こちらも夜はライトアップしていますので、昼間とはまた違った幽玄な雰囲気に包まれます。山なので、夜桜を楽しむ場合には一枚何か羽織るものを持っていくと良いでしょう。

他にも日本には全国至る所に桜のスポットがあります。人気スポット以外でも自分で足を運んで、自分のお気に入りスポットを見つけるのも楽しみのひとつ。是非、ご自分のお気に入りスポットを探してみてください。

記事トップ画像出典:るるぶ.com

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …