Home / NIPPONの文化 / 必ず行ってみたい!南国リゾート「沖縄」をオススメする5つの理由
沖縄イメージ RETRIP https://retrip.jp/articles/1855/

必ず行ってみたい!南国リゾート「沖縄」をオススメする5つの理由

「沖縄」と聞くと、日本人であれば誰もが美しい透き通った青い海を想像するでしょう。しかしその魅力は海だけではありません!ここでは、リゾート地沖縄に行くべき5つの理由を紹介します。

1.独特の文化に触れる

沖縄は日本でありながら本州とは全く違う文化を色濃く残す場所です。昔からの琉球王国文化が現在にも受け継がれていて、首里城などの歴史遺産のみならず、普通の民家までも大きく違います。また伝統工芸の琉球ガラスはとても有名で、色彩豊かなデザインは大変人気があります。退屈な日常に飽き飽きしている人にはとても刺激になること間違いなし!

2.自然豊か

沖縄の雄大な自然は大きな特徴の一つです。青く透き通ったエメラルドブルーの海は、世界的に見てもトップクラスの透明度を誇っています。また、熱帯地域独特のマングローブの群生林を見られるのもこの場所ならではです。さらに鍾乳洞や滝など、海だけではない手つかずの自然が残るのも魅力の一つです。植物だけではなく、動物や昆虫も独特の生態系を維持していますのでそれらを観察しに行ってみるのも良いかもしれません。

3.国際色豊か

米軍基地があるために、その周辺の街は非常に国際色豊かです。特にアメリカンヴィレッジはアメリカ文化を凝縮したような場所なので、海外に行ったような気になれます。しかし、現在は基地問題が過熱している時期なので、もし観光で立ち寄る際は不要な行動は避けるようにしましょう。

4.歴史を学べる

沖縄はかつて、第二次世界大戦で激しい地上戦が行われた場所です。兵士のみならず、民間人も含め20万人以上の人々が犠牲となりました。そのため、「ひめゆりの塔」や、「平和祈念資料館」など、戦争の凄惨さを伝える場所が数多くあります。個人の旅行で行った際は、なかなかこのような場所には足を運ばないものですが、ここでしか見られない貴重な資料が見られたり、戦争体験者の話を聞けたりするので、旅行プランの中に組み込んでみると良いでしょう。

5.離島が沢山ある

本島だけではなく、離島が多くあるのも魅力の一つです。その中でも石垣島や宮古島、与那国島はとても有名ですが、最近では伊良部島や渡嘉敷島などこれまであまりメジャーではなかった島が人気です。「離島なんてどこも同じでしょ」と思っている人もいるかもしれませんが、それぞれの島でまったく景色が違うのです。オススメの場所も違えば、特産物なども違います。ぜひ離島巡りをしてみてください!

この他にも、現地ならではの食べ物も魅力的です。タコライスやソーキそばを始め、現地でしか流通しないような珍しい魚介類が食べられるのも、貴重ですのでどんどんチャレンジしてみましょう。
沖縄は今基地問題で揺れている場所で、報道だけを見ると危険とも受け取られがちですが、決してそうではありません。デモ等をやっている時もありますが、暴徒化する危険なものではないので安心してください。だからと言って、現地の人たちを茶化したり失礼にあたるようなことはご法度ですのでくれぐれもご注意を。
沖縄へ行く時期はとても重要です。亜熱帯気候なのでスコールが降りやすく、晴れている日は意外と少ないんです。梅雨の季節や台風の時期行ってしまい美しい海が全く見られなかったという話は良く聞きます。しかし、天気ばかりはどうにもなりません。自分で天気予報をしっかり確認し、できるだけ晴れの日が続く時期を狙っていきましょう!

記事トップ画像出典:RETRIP

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …