Home / NIPPONの旅 / 日本最大級!沖縄美ら海水族館に行く前に必ず知っておきたい5つのお得ポイント

日本最大級!沖縄美ら海水族館に行く前に必ず知っておきたい5つのお得ポイント

東京オリンピックの開催も決定し、日々多くの外国人観光客が日本を訪れています。日本の観光地といえば東京や大阪、京都は海外でも有名ですが、沖縄の美ら海水族館も人気がある観光スポットです。その美ら海水族館に行く前に必ず知っておきたい、美ら海水族館をより楽しむための5つのポイントをお伝えしていきます!

1:お得なチケットを購入しよう!

水族館でチケットを購入することもできますが、それでは正規価格での購入になってしまいます。そこでおすすめなのが事前購入です。
沖縄県内のコンビニや提携ホテルなどでは、通常大人1,850円の入場チケットを1,660円で購入することができます。さらに、水族館に一番近い許田ICを下りてすぐの「道の駅許田」では、最安値の1600円で販売されています。車で水族館に行く方は寄ってみては?
スケジュールの都合などで午後入館になってしまう場合は、見学時間は短くなってしまいますが水族館のチケット売り場で4時からチケット(1,290円)を購入するのもひとつの方法です。
また、この美ら海水族館の半券を提示すると園内のもう一つの目玉スポット、熱帯ドリームセンターへ半額で入場することができます。時間があれば是非そちらにも足を運んでみてはいかが?

2:有名なイルカショー「オキちゃん劇場」をチェック!

イルカショーの前には是非ショーの時間をご確認ください。というのも、イルカショーは館内ではなく、水族館の出口から徒歩5分ほど離れた専用劇場で行われるからです。4~9月は1日5回行われるため、最終ショーは17時半ですが、10~3月は16時が最終なので、館内でのんびりしているとイルカショーに間に合わなかった、ということになってしまうかもしれません!

3:メインの「黒潮の海」を身体中で体感しよう!

大人気の水槽である「黒潮の海」は色々な角度から楽しむことができるアトラクションのような水槽。ジンベエザメが見られる水槽として人気が高く、正面に設置された専用シートから眺めるとまるで海の中にいるかのような迫力があります。
正面から見たあとは、上映時間以外にスクリーン後方の観覧窓から大水槽を見学できる美ら海シアター、大水槽の上に設置された水上デッキから見下ろせる黒潮探検、下から眺めることができる半ドーム型の観賞スペース、食事をしながら大水槽が眺められるカフェなど、上下左右からじっくり楽しみましょう。

4:魚についてもっと知ろう!

実は、事前予約を行うことで、各水槽の解説を聞きながら見学できる音声ガイドを借りることができます。こちらはメールで1週間前までの予約が必要ですが、日本語の他にも英語、中国語、韓国語に対応していますので、美術館を楽しむように解説を聞きながら楽しんでみてはいかがでしょう。
また、館内には10種類の美ら海観察ガイドシートが無料配布されています。全て集めると沖縄の生き物図鑑が完成しますので、見学をしながら集めてみるのもオススメです。

5:水族館の外にも魅力的な展示がいっぱい!

館外にも海の動物に会えるエリアがたくさん。イルカのふれあい体験ができるイルカラグーン、人魚のモデル・マナティーたちに出会えるマナティー館、5種類のウミガメが悠々と泳ぐウミガメ館。時間はかかりますが、是非足を運んでみてください。

美ら海水族館は、広大な海洋博公園の中にあります。時間をたっぷりととっていただいて、水族館を出たあとは、自然あふれる園内をのんびり散策するのもオススメです!

記事トップ画像出典:海洋博公園

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …