Home / NIPPONの旅 / 鹿児島にもっと来て欲しい!みんなに知ってほしい、鹿児島県の穴場観光スポット3選

鹿児島にもっと来て欲しい!みんなに知ってほしい、鹿児島県の穴場観光スポット3選

鹿児島は本州の最南端にあり、面積が比較的広い県です。また日本の歴史では数多く「薩摩」の名前が登場するように、さまざまな歴史を感じる場所があります。
観光地として有名なところだと桜島が一番よく知られており、鹿児島というと、まずは桜島を思いつく人が多いのでは?そのほかにも開聞岳や佐多岬なども有名ですよね。また、本州だけではなく、屋久島や奄美大島、徳之島などの離島も鹿児島に入ります。
見どころが多すぎて一回観光に訪れただけではほんの一部しか見ることができないところですので、有名な場所を回ってみるのもいいですが、ここでは地元の人しか知らない魅力のある穴場スポットをガイドしていきます。

1.霧島神宮とその周辺

まずは1つ目は霧島です。霧島は鹿児島の北部にある都市で、自然豊かなところ。古くから神話の舞台として登場し、神秘的な雰囲気が漂うところでもあります。
霧島でおすすめなのは霧島神宮。歴史はかなり古く、6世紀ごろに建てられたといわれています。古事記や日本書紀に登場する瓊瓊杵尊が祀られており、格式が高い神社として、また近年ではパワースポットとしても知られており、全国から多くの人がパワーをもらいに訪れるようです。
神社の境内は、春には桜の花が咲き乱れており、秋には紅葉がきれいに見ることができるスポットして地元の人に知られています。また、霧島にはもうひとつ鹿児島神宮という神社があり、本殿は日本一の広さを誇り、県の有名文化財に登録されています。そのほかには嘉例川駅も穴場として知られています。建物は今時珍しい木造建築で、有形文化財に登録されています。この趣きのある駅舎をひとめみようと全国から鉄道ファンが多く訪れるほど。実はこの駅、最近かわいらしい猫が観光大使に任命されたことでも有名になりました。是非会いに行ってみてはいかがでしょうか。

2.大隅半島の2つの滝、雄川の滝と神川大滝

2つ目は、大隅半島方面にあります。
大隅半島は本州の最南端にあたる佐多岬があります。このあたりは佐多岬のほかには有名なところはないのですが、地元のひとに知られた素敵な観光スポットがあります。それは2つの滝で、雄川の滝と神川大滝です。雄川の滝は幅が60メートルあり、滝つぼがエメラルドグリーンになっておりとても神秘的な滝です。神川大滝は水量が多く迫力のある滝です。あとは垂水のほうある道の駅が、地元のお土産や名産品が置いてあるのはもちろんのことですが、大きな足湯もあり疲れた体を癒してくれますよ。桜島の景色を見ながら足湯につかることができるところとして評判です。

3.トカラ列島

3つ目は本州ではなく離島です。屋久島や種子島も世界的にとても有名なのですが、オススメはトカラ列島の島々です。屋久島と奄美大島との間の海には小さな島が10個ほどあり、この島々はトカラ列島と呼ばれ日本最後の秘境と言われており、手つかずの自然が数多く残されています。島は自然に囲まれており、人工物を見ることの方が少ないぐらいで、美しい海と自然とに抱かれていると、日本にいながら遠い南国の島に訪れたような気分にさせてくれますよ。

記事トップ画像出典:霧島神宮

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …