Home / NIPPONの文化 / 夏の風物詩!関東のおすすめ花火大会5選

夏の風物詩!関東のおすすめ花火大会5選

夏と言えば花火!でも、どこでどんな大会が開かれるかわからないという人、意外と多いですよね。ここでは、関東圏で開催されるおすすめの大会5選を紹介していきます。

1.隅田川花火大会(東京)

知らない人はいないというくらい有名な大会ですが、江戸時代から続く由緒ある大会でもあるんです。最近ではテレビ番組で生放送で大会の様子が伝えられることでもわかる通り、東京の夏の一大イベントになっています。個性豊かな作品が数多く打ち上げられますが、中でも連続で1000発が打ち上げられる「スターマイン」や、夜空に巨大な花が咲く「大玉」は、観るものを魅了してやみません。

2.土浦全国花火競技大会(茨城)

そのタイトルからもわかる通り、普通の大会ではなく職人さんたちが自分たちの作品と意地をかけて優勝を狙う競技大会です。ですが、一般の人も間近で観賞できるのでご安心を。この大会で優勝すると、内閣総理大臣賞などの名誉ある褒賞をもらえ、また翌年の売り上げにも影響してくるので、職人さんたちにとっては非常に重要な大会なのです。そのため、非常に質の良いユニークな作品が観られるのも魅力です。

3.鎌倉花火大会(神奈川)

鎌倉の夏の風物詩も、60年以上の歴史を誇る由緒ある行事になりました。この大会の魅力は何と言っても水中で開く花たち。その光景は美しくもあり、どこか不思議な感情も抱かせます。しかしながらその魅力は花火それだけではなく、鎌倉の昔ながらの情景ともマッチした画は、思わず写真を連射したくなるほどの圧巻の美しさです。カメラは、スマートフォンなどの携帯カメラではなく、ちゃんとした一眼レフなどのカメラを持っていくと、花火と街と両方を写真に美しく撮れてオススメですよ。

4.足立の花火(東京)

意外に感じる人も多いかもしれませんが、この足立の花火大会はとても有名で、観客満足度でも常に上位に位置しています。その魅力は、荒川から見える色鮮やかな光景と、音楽に合わせて打ち上げられるコミカルな演出です。ただ打ち上げられるものを観ているだけでは飽きてしまいますが、こういった演出があると最後まで楽しめますよね。また、お子さんの気も引くことができるので、家族連れに人気です。

5.足利花火大会(栃木)

意外や意外、北関東の栃木県で開かれるこの大会が、観客満足度で1位を誇っているのです。打ち上げ花火のラインナップ自体は他の大会とそれほど大きな趣向を凝らしているというわけではないのですが、なんといっても休む間もなくどんどん打ち上げられるので迫力が違います。大会にはよくある長い小休止のような時間もなく、観ている方にも休む間を与えません!
フィナーレにナイアガラとスターマインが同時に打ち上げられる光景は、大迫力の一言に尽きます。東京の大会ほど人が密集するということがないので、ゆっくり観られるのも嬉しいポイントです。

いかがでしたでしょうか。関東周辺では他にも魅力的な大会は数多く開催されるので、自分で興味のあるものを調べてみるのも良いかもしれません。その場合も、混雑状況や気象情報などは随時確認して時間に余裕を持って出かけましょう。

記事トップ画像出典:土浦全国花火競技大会

This post is also available in: 英語

Check Also

日本の春の風物詩!ひなまつりを知ってみんなで楽しむための5つのポイント

日本の春の訪れをつげる行事とし …