Home / NIPPONの旅 / 出かける前に必読!富士山登山に行く前に必ず知っておきたい5つのポイント

出かける前に必読!富士山登山に行く前に必ず知っておきたい5つのポイント

日本を象徴する山・富士山は世界遺産に認定されたこともあり、今や多くの外国人観光客が訪れるスポットとなりました。しかし、登山をするのであればそれなりに準備をしておかなければいけません。ここでは登山をする前に必ず知っておくべき5つのポイントをご紹介します。

1:服装はきちんと用意しておきましょう

ひとつめのポイントは服装です。観光でいらっしゃる方々の中には、サンダルとワンピースというように、まるで近所の公園へ散歩に行くような軽装で登山を試みる人がいます。しかし富士山は日本一高い山。そのような格好で頂上まで登ることなどできません。
たとえ暑くても汗をかけば体温が下がりますし、山は頂上に近づくほど気温が下がり風も強くなるので体感温度はますます下がります。
そのため、服装は手足をしっかりと覆う長袖長ズボンの動きやすいものを!汗をかいたり降雨時にも対応できるよう速乾性の素材が良いでしょう。靴も防水かつ湿気は蒸発させるものにしておくと、降雨時でもしっかりと歩くことが出来ます。また、長時間の登山は足腰に大きな負担がかかりますから、体重を分散して負担を軽減するトレッキングポールを携帯しましょう。

2:食事や食料はきちんと用意しておきましょう

2つめのポイントは食事。長時間の登山ですから、消費するエネルギーはかなりのものとなります。かといって、途中コンビニに寄ることは出来ませんから、自分で食事や水分を携帯しておくことが必要です。(ただし、あまり重すぎると登る時の負担になります!)食品はすぐに体力に変換できる炭水化物などが最適。おにぎりやブロックタイプの栄養補助食品などであれば手軽にエネルギー補給をする事ができます。
富士山に登るときに必要な水の量は2リットルとされています。途中の山小屋でも購入可能ですが料金は高めですのでご注意を。

3:トイレの準備もしておきましょう

3つめのポイントはトイレです。食事同様にトイレは気軽に立ち寄れません。山小屋や山頂には共同トイレがあるのですが、基本的に登る前にトイレは済ませておきましょう。食事をとって途中に便意を感じたならば、山小屋などのトイレを利用しましょう。山の上ですから地上とは違い水は貴重で、ゴミも気軽に出すことは出来ません。そのため維持管理をするのは大変で、基本的にトイレは有料です。またトイレイットペーパーを流せないタイプのトイレもありますから注意しましょう。

4:高山病にも注意しましょう

4つめのポイントは高山病です。高い山に登れば、空気が薄くなって高山病になることもあります。そのようなことにならないためにも、いきなり山にのぼるのではなく、車でいける五合目で数時間過ごして体を薄い空気に順応させましょう。それでも高山病になったとしたら、無理をするのではなく潔く下山をすることです。

5:登山の時間帯にも注意しましょう

5つめのポイントとしては、登る時間帯です。ご来光を見たいと夜の登山に挑戦する人は多いですが、初心者が暗い道をひたすらに登るのは大変!そのために途中で力尽きる方も多いので、まずは明るい昼間にゆっくりと登って経験を積むことが最善です。

記事トップ画像出典:富士山クリーンプロジェクト

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …