Home / NIPPONの文化 / 東京で気軽にお坊さん体験!初めての観光客でも受けられる、お寺の体験プログラム3選とその利用方法をガイドします

東京で気軽にお坊さん体験!初めての観光客でも受けられる、お寺の体験プログラム3選とその利用方法をガイドします

お寺の利用目的といえば、多くの人は「参拝」や「厄除け」と答えるでしょう。しかし、実際はもっと多くの体験プログラムがあるんです。ここでは、その中でも東京に絞って、「座禅」や「写経」が気軽に体験できるプログラム3選とその利用方法をガイドします。

①:龍雲寺/東京禅センター(世田谷)で座禅体験

「禅センター」という響きからも、初心者向けのプログラムであるということがわかります。座禅と聞くと厳かな雰囲気で緊張しがちですが、ここではお坊さんや大学教授の方からの講義を聴講しながら体験できるので、全くの初心者の方でも安心して参加することができます。もし参加したいという人は、禅センターに直接問い合わせてください。また、禅センターは龍雲寺の他にも都内複数のお寺で体験プログラムを実施しているので、ホームページなどで確認してみましょう。

②:高野山薬王院(高尾)で写経体験

ここでは「月例写経会」と呼ばれるプログラムが行われています。座禅は馴染みがあっても、写経はなかなかやろうという人は少ないですよね。しかし、このプログラムは事前の予約なし(ただし、5人以上は要予約)に手ぶらで参加できる気軽さが魅力です。普段筆をあまり手に取ることの少なくなった現代において、慣れない方法で文字を書くということは非常に集中力を要します。そのため無心になり、余計なことが頭から消えてなくなるかのように心がスッキリとします。他にも僧侶の説法や法楽などが聞けるので、自分を見つめ直すために参加するのも良いでしょう。参加費は1500円。毎月第4土曜日に開催されていますが、事前に開催状況をチェックしてみてくださいね。

③:長光寺(新宿)で座禅体験

あまり西の方までいけないという人は、新宿にある長光寺のプログラムに参加してみては?ここで行われる座禅プログラムの特徴は、初心者と経験者(2回目以降)とで内容と日程が分けられていること。初心者の方は毎月第2・4土曜日に、経験者は第1・3土曜日に行われます。いずれも時間は14:00~15:30とお昼に開催されるので、時間に余裕を持って参加できます。初回は予約が必要ですが、それ以降の予約は不要とのこと。都心の喧騒の中で少しお疲れ気味の人は、心を無にするため、また身を清めに行ってみてはいかがでしょうか。

このように見ると、お寺の体験型プログラムも意外と参加しやすいことがわかります。また、東京という大都会であるが故に、こうしたプログラムが体験できる場所はこれからどんどん増えていくでしょう。
しかし、いくら気軽に参加できる、または予約不要となっている場合でも時間厳守で行動しましょう。座禅や写経は少しの物音でも集中力を切らす要因となるので、遅れて参加するのは大変迷惑です。その他にも私語厳禁といったお寺における最低限のマナーはきちんと守り、是非清々しい体験をしてみてくださいね。

記事トップ画像出典:IDEA’s Gallery

This post is also available in: 英語

Check Also

冬だけじゃない!北海道を夏も冬もおすすめする5つの理由!

北海道は日本の中で最も大きな島 …